月別アーカイブ: 2018年7月

金の卵は誰の物(その2)

前回の続きです。お金に貪欲な商屋の主人が丁稚に金の卵を産む鶏を盗むように、命じ猟師に行かせます。しかし見事に返り討ちにあってしまいました。そして、商屋の主人が考えたことは...。

作品展がありますので、見に来てね。

私の行っている堀江アートスクールで,、7月21日(土)、22日(日)に生徒達の作品展があります。

子供達が描いたとてもキュートで見て楽しい作品がいっぱいです。もちろん大人たちも頑張って描いています。私の絵も見に来てください。

体験レッスンなどもありますので予約してみてもいいと思います。来て絶対、損はしません。見に来てね~。

下記に、堀江アートスクールのホームページに紹介します。

https://www.facebook.com/pages/biz/%E5%A0%80%E6%B1%9F%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB-295680024158664/

 

 

 

金の卵は誰の物(その1)

江戸時代、ある城下町に金儲けが好きな商屋の主人がいました。職人から安く品物を仕入れては、高くお侍や殿様へ売って大儲けをしていました。ある日、猟師が金の卵を商屋へ持ってきました。商屋の主人は、金の卵を産む鶏を横取りしようと試みますが...。