初めまして、太育です。

 

初めまして、私、太育と言います。勿論、ペンネームです。

絵本を描こうと思いアートスクールに通いだしてから、いつの間にか、1年と半年ほど経ちました。前に通っていたアートスクールでは絵本コースに在籍していたましたが、カリキュラムが自分に合わず、また自分が描きたいストーリは全く描けないような気がして、3分の1のカリキュラムを残しながら別のアートスクールに通いだしました。堀江にある小さな教室ですが、生徒たちみんなが生き生きと絵を描いています。「描きたい絵を描いてもらう。」、「楽しく描くのが一番」と言うコンセプトを先生が持っているので、みんなが生き生きとした絵が描けるのだと思います。デザインの先生をしている人、漫画家を目指している人、ゲームデザイナーを目指す人、私みたいに本の出版を目指す人など、いろんな人がいて、それはとても楽しいです。

先生は元漫画家の先生で絵の技術は確かだし、教える技術も優れて、特に生徒たちを明るく元気にしてくれるので、子供たちと同じように楽しく教室に通っています。今年の四月に先生の後押しもあったので、絵本コンテストへ挑戦してみました。しかし落選でした。だた、一つ作品を作ることが出来たので満足しています。結果にはガックリしましたが、教室の子供達の言葉に癒され、励まされてしまいました。今回、そんな出来事を描いてみました。

これからいろいろな物語を描いて行きたいと思っています。子供向けの絵本はもちろん、大人向けの短編小説、ファンタジーギャグぽいやつ、恋愛ものも描いてみたいです。そして、このブログでは、身近な事などをショートショートストーリとして書いて行くつもりです。話しのネタに詰まったら、ダイニングバー「こばやん」へ行き、マスターの話題が豊富で面白い話しを聞きいて、インスピレーションを高めてるようにしています。なんといっても、ネタ集めに最適な場所は飲み屋ですからね。私は(自称)、「ジントニックとウイスキーを愛する男」なので、「こばやん」でカクテルやウイスキーを飲み、常連の人達との会話に楽しんでいます。

とりあえず、初めて漫画を描いたので見てもらいたいです。週に1回は投稿したいなと思っていますので、よろしくお願いします。